おはようございます。柴田はりきゅう です。

兵庫区役所が一時閉所してから、お問い合わせが増えております。

東洋医学や症状については、アドバイスできますが、

コロナウイルスについては、神戸市の相談窓口でご連絡ください。

さて、本題ですが、

今日は「免疫力」について少し書きます。

旧ブログの内容も入れていきますので少し長くなりますが、ご了承ください。

うがいや手洗い、マスク、予防接種したのに・・・感染してしまった!って方も多いですよね。

それは、身体が弱った時にウィルスにやられてしまうのです。

しっかり食べ、おいしい・楽しいと感じる方やしっかりと睡眠時間をとって寝てる方は、風邪もひかないと思います。

そこで必要なのは、免疫力ですね。

免疫力って何?

体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力。

低下すると多くの疾病を引き起こす。

免疫が低下すると

軽度低下 → しみ、しわ、疲れやすい

中度低下 → 風邪をひきやすい、アレルギー反応

重度低下 → 腫瘍、肝機能低下

に影響あると言われてます。

抵抗力って何?

病気や病原体、環境の悪化などに耐え、健康を保ちつづける力です。

ということは、

健康になる = 免疫力 + 抵抗力

免疫力が上げると健康になる度数も上がります。

感染リスクを下げます。

時間をつくって身体を動かしたり、

お薬で免疫力を上げる原因療法(抗ウィルス薬)、

対症療法(症状を軽減し、自己治癒力を高める方法)で上げたり、

皆さんでできることをしてください。

話は変わって、WHO(世界保険機関)が認める鍼灸適用疾患には、

呼吸器系疾患で 「風邪または予防」

が記載されています。

東洋医学 → 鍼灸・漢方 → 免疫力アップ・防衛能力アップ(自己治癒力アップ)

が期待できる鍼灸が取り挙げられているんです。

NHKでも放送されましたが、数本の鍼で頭部(前頭前野)へ刺激すると

IgA(免疫グロブリンA)数値が上がってました。

これを継続したとすると免疫力が上がって、xxxウィルス予防へと期待できます。

家族みんなの体質に合わせた鍼灸(はり、きゅう)で免疫力をアップします!

最後までご一読ありがとうございました。