本内容は、旧ブログから移管した2014年のブログです。

先日7日(火)全国高専ラグビー大会の準決勝が行われました。

我が神戸高専ラグビー部 Wild Boarsは、準決勝第一試合 vs 仙台高専戦でした。

前半 キックオフから神戸 ⇔ 仙台の攻撃の時間帯が交代しながらも一進一退の攻防が続き、前半も残り5分くらいとなる頃からゲームが動き出す。

前半34分 自陣22m付近で神戸がノットロールアウェイの反則をしてペナルティとなる。仙台はペナルティキックを選択。

ゴールが決まって0-3となる。

しかし、ここからがラグビーの面白いところ、ゲームが動き出すと点数が入り出す。

反撃の神戸、前半終了間際(35分)、敵陣ゴール前まで神戸得意の展開で攻め込むと最後はフォワード、フォワードの前進で最後はフランカー田中が飛び込みトライ。ゴールは決まらず5-3と逆転し、前半が終了。

この調子でいける!いける!

神戸のラグビーができてる!とハーフタイムで確認し合い後半戦へ

後半、風上に変わった神戸であったが、仙台の勢いが増すことになる。

後半11分、自陣22m中央付近でオフサイドでペナルティ。仙台がペナルティゴールを決め5-6と逆転される。

続けて後半19分、自陣22m付近で オフサイドでペナルティ。仙台がペナルティゴールを決め、5-9となる。

ここから後半23分、後半27分にトライを決められ5-19となる。

このまま万事休すかと思われた後半33分、敵陣へ攻め込んだ神戸はラックから左バックスラインへ展開。10→15→ウイング山田が飛び込みトライ。12-19と反撃する。

しかし、後半31分、35分に仙台にトライを奪われ12-31となったところでノーサイド。

今年は、第三位となりました。

決勝は、近畿大会で負けた奈良と今回負けた仙台の組み合わせになります。

どちらのチームにも頑張って欲しいものです。

小森田先生、尾山先生、チームの皆さん、一年間お疲れ様でした。

特に五年生は、現役生活お疲れ様でした。これからはOBとして後輩の活躍を応援してあげてください。一緒に来年の優勝を喜びましょう。

今年度は、思うようにチームにサポートできなくてすみません。

来年度からもっとサポートできるようにしていきます。

今年の吉田夏組にナイスゲーム!ありがとう。

特に準決勝前半は、一戦一戦チームが成長してきた成果を出してくれた動きだったと思います。

新チームメンバーは、ほとんど経験者が残ります。

負けた時の悔しさを忘れず、来年の1/9に勝って泣くためにこの1年しっかり鍛えてウェイトを5kg以上増やしましょう。(個人の力負けしなければ、優勝は手元までグッと近づくと思いますよ。)