熱中症から家族を守るために!

おはようございます。

神戸市も暑い日が続いています。

ニュースにも取り上げられていますが、

郊外学習でも子どもたちが熱中症で病院に搬送されています。

熱中症の重症化は、人間の命を奪うことがあります。

家族の安全は、周りから注意してあげましょう。

まず、熱中症に気をつける人は、

・ 高齢者

・ 乳幼児~子ども

・ 普段運動していない人

・ 太っている人

・ 体調が悪い人

・ 暑さに弱い人

・ 疾患に罹っている方

特に熱中症に気をつける日は、

・ 暑い日(地域に熱中症アラートが出る日)

・ 梅雨時期

・ 夏休み期間

熱中症にならないようにするためには、

① 暑さに負けない身体にする。

日頃の適度な運動、適量の食事、十分な睡眠

睡眠不足は危ないです。

② 暑さをしのぐ工夫

温度・湿度計を一番生活する部屋(場所)に設置し、温度・湿度変化を観察する。

部屋は涼しくします。寒いなら重ね着しましょう。

直射日光に当たらない。(帽子等)

冷却グッズを買う(いま100均ショップでも売ってます)

③ 暑さから身体を守る

飲料を持っておく。

涼しい所で休憩をとる。

天気予報など熱中症に関する情報を調べておく。

です。

水分補給に水ではなく、

スポーツドリンクをすすめる情報もありますが、

なんでもかんでもスポーツドリンクを飲むと血糖値が上げります。

室内で涼しい環境下での水分補給は水で、

多くの汗をかいているならスポーツドリンクを飲むのが良いと思っています。

年齢、健康状態によって対策は各々ですが、

学生時に夏の熱射病によくなった経験と熱中症の特徴から言うと

身体の異常を感じた時には、もう手遅れです。

異常を感じるまでに対策をしておきましょう。

基本、一度きりの人生です。

自分と家族の身体は、大切にしましょう。

後悔しないように!

今日はここまで。

上部へスクロール