今日は「小暑(しょうしょ)」です。

おはようございます。

今日は「小暑(しょうしょ)」です。

1年を四季(春夏秋冬)に分け、

更にそれぞれの季節を6つに分けて表したものを 二十四節気 といいます。

以前は、天気予報などの情報源が少なかったので、

暦で季節の移り変わりを知って過ごしていました。

二十四節気 十一番目の「小暑」は、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃です。

「立夏」から「大暑」までが 二十四節気(七番目~十二番目) での夏となります。

気候が良くなり、セミが鳴き始まるかもしれません。

夏のセミは、朝から暑苦しいですよね。

また、「小暑」から「立秋」まで 暑中 とも呼ばれます。

(暑中見舞いは、この時期)

東洋医学の陰陽五行論では、

夏は「火」に属し、

汗や熱が出やすく、

冷たいものを欲すようになります。

(諸説あり)

・ 涼しい部屋で身体を休めましょう。

・ 直射日光に当たり過ぎると心臓に負担がかかります。

・ 冷たいものを摂り過ぎると腸に負担がかかり、身体が冷えて、お腹をこわします。

→ 熱中症やイライラの原因になります。

心に余裕が持てるように猛暑を過ごしましょう!

現代と気候が変わってきていますが、ご参考にどうぞ!

今日はここまで。

上部へスクロール