なりすまし(詐欺・迷惑)メールにご注意を!

 

2022年8月版 更新

おはようございます。

フィッシング詐欺、クリック詐欺、なりすましメールは犯罪です!

ネット購入で誤送の返品依頼を業者へ直接メールしてしまったので、

某隣国からのなりすまし(迷惑)メールが増えました。

今は海外からのメールを受信しない設定にしているので、

これらのメールを開くことはありませんが、

なりすましメールが増えました。

パッと見たら国内有名な企業や店舗から受信したメールですが、

メール内容が、

・ 宛先がメールアドレスまたは無記名(こちらの氏名もわかってない)

・ 件名が「最終警告」

・ 日本語の文章が明らかにおかしい。(誤字や脱字が多い)

例1)・・・情報を更新ください。 → 怪しい内容

例2)・・・は無効になりました。 → 焦らせる内容

・ アドレスが変(アドレスがランダムな英文字など)

・ 本メールへの返信はできません・・・。という文言

・ 最後の会社情報(住所や電話番号)は本物

などが、なりすましメールの特徴です。

企業から、なりすましメールにご注意くださいと連絡も増えました。

ただし、メールから返信することも危ないですよ。

思い当たらないメールは開かず削除しましょう。

ほんとに支払いが必要なものは、振込依頼か振込用紙が郵送されてきます。

最近は、

メール件名に

「緊急のご連絡・・・」

「・・・からのお知らせ」

「お支払い・・・承認されません」

が多く、文章よく読むと日本語のド素人感がわかります。

私は、送られてくるクレジットやポイントカードなどをほぼ持っていないし、

登録会員でもないんですけどね。

注意すべきは、日本人は親切なので、

私ではないですよ!など間違いをこちらから返信する方です。

返信した時点でメール情報を盗まれた結果になるんですよ。

向こうは、皆さんの動揺や親切心を利用している犯罪者です。

腹が立っても絶対送り返したらダメです!

フィッシング詐欺、クリック詐欺、なりすましメールは犯罪です!

自分でできる被害防止策は

メール内のリンクをクリックしない。

迷惑メール設定を活用する。

ワンタイムパスワード(2段階認証)などでログインできないようにする。

もし、間違えて情報を送ったり、クリックしてしまったら、

間違って送った情報先へ連絡しましょう。

(例:クレジットカード情報ならクレジット会社へ、金融機関の情報なら各金融機関へ)

それでも不正な引き落としがあれば、最寄りの警察へ問い合わせしましょう。

兵庫県は兵庫県警のホームページに相談窓口一覧が載っています。

長々となりましたが、ご一読ありがとうございます。

今日はここまで。

上部へスクロール